diary

札幌の利
8月に入りましたね。ようやく札幌も夏らしい暑さになったけど、アウエーの暑さに比べたら…札幌は本当に過ごしやすい! 先日行った美瑛はまさに「これぞ北海道」という最高なタイミングでした。暑いんだけどカラッとしていて、木陰に入れは涼しい… あー北海道最高^o^ それにひきかえ本州は暑さというよりも湿度が問題でジメジメすることで体感気温もだいぶ高く感じてしまうんですよね。 「コンサドーレは夏場に弱い」とよく言われますが、僕はそう思っていません。 ここ数年はボールを保持する事が出来ずにリアクションサッカーになってしまっていたために当然疲労や消耗が激しくなりクオリティが低下して更にリアクションサッカーになるというスパイラルに陥って運動量が落ち勝つ確率が低い内容になっていました。 しかし、今年は例年に比べてポゼッションする時間が長いために、無駄な消耗が軽減しています。 さらに札幌を拠点としている1番のメリットとしては「涼しさ」にあると思います。 アウエーとの温度差は確かにありますが、長くても90分歯を食いしばれば解決します。 ただ、トレーニングとなるとそうはいきません。だいたい1日のトレーニングが120分だとして試合前日まで4日間になるので480分。 今までいた本州のチームは夏場は練習するだけでかなり体力を消耗をしていまうので、練習量を落としたりして調整しなくてはなりません。そうなると1日のトレーニング時間をかけ30分短縮しなければならなくなり試合まで360分で準備しなくてはなりません。 もちろん練習量が多ければ勝てるわけではないのですが、それだけ時間がある中で準備出来る事はアドバンテージである事は間違いありません。 札幌は季節に関係なくシーズンを通してトレーニングが出来る事。そして、試合後のリカバリーも涼しさが手伝って他のチームより早く回復出来る事がメリットで決して涼しさがデメリットだとは思いません。 それに加えて今シーズンは練習終わりにアイスバスに10分入る事を徹底したり、細かい部分の改革もチームとして出来ています。 7月は札幌とアウエーでの気温差が1番あるにも関わらず負け無しの4勝2分けで終われた事は自分達がやってきた事、取り組んで来た事が間違ってない事だとも言えます。 8月は過密スケジュールになりますが、そう言った札幌の利を活かして、一体感を持って戦っていきます!!!

天王山〜順位の持つ意味〜
先日はセレッソとの直接対決がありました。もちろん全ての試合に同じ様な気持ちで望んでいますが、チームとして硬い試合となりました。それはお互いのチームに言えたと思います。『絶対に負けられない』の気持ちが強いあまりにセーフティなプレーの選択が増えた様に思えます。シーズン中の順位は我々に色々な影響を与えます。そして上位にい続けることで、この様な硬い試合を経験出来ることは若いチームにとって凄く重要な事で、これはリーグのカテゴリーは関係なく、上位のチームでしか味わえない経験です。 今年は色々なケースの試合を経験してきました。2点差を追いついたり、逆転したり、退場者を出しながら戦ったり…そんな中でまた一つ、結果的に見たら0:0だけどまた大きな経験を得る事が出来ました。 今年のチームは一体感をベースに、「準備」→「実行」→「後始末」のPDCAサイクルを共有し、得た経験を次の試合で活かす事が出来ています。そこに順位が持つ力が加わり、よりこのサイクルの質を高め成長曲線の角度を飛躍的に上げてくれています。 その過程で、皆んなが成功体験を共有し、また一体感が増すと言う本当に良い循環をここまでは生み出せています。 シーズンも折り返しになりこれから、良い時もあれば悪い時もありますが、皆んなが一体感を持ち、情熱を持って、やるべき事をしっかりやっていけば必ず目標は達成達成出来ます。 上位のチームとの戦いが続きますが、まずは次の岡山戦に向けて良い準備をしていきます!!!

二十代最後のゴール
先日は松本相手に本当に悔しい悔しい敗戦をして迎えた昨日の長崎戦。 連戦で次への準備期間が短い中で、ここ2試合勝つ事が出来ていなく、不安を抱えての3連戦最後の長崎戦でした。 堅守を武器に5試合連続でウノゼロで勝った後は2試合で5失点と安定しない内容となってしまい、長崎戦でも先制されるという悪い流れに… ただ、ここ2試合では0-2になったものの、千葉や松本といったクオリティの高い相手にも焦ることなく自分達のサッカーをして2点追いつく事が出来ていたので、長崎戦でもみんなが慌てることなくプレーしたのは、この2試合から得たモノを力に変えれた結果だと思います。 その結果、堅守速攻から前半のうちに逆転する事が出来ました。 個人的にも同点に追いついたゴールは本当に練習の成果が出た満足のいくゴールで、これが20代最後のゴールになったのはなんだか努力をしてきた事へのご褒美のように思います^o^ もちろん先制されない事、前半の入りから相手を圧倒する事が理想ですしそれを目指しながらやっていますが、相手もいる事だし現実的に失点しまったらその後のプレーが大切になっていきます。 そういう意味では、その状況、その時間帯に何をやらなければならないかのベクトルがチームとしてだいぶ合ってきたように思います。 まだまだ沢山の修正点がありますがそれと同時に沢山の成長も感じながらチームとしてプレー出来ています。 目標を達成するために何をしなければならないのかを論理的に考え、心技体全てを成長させていきます!!! はぁ〜〜 次の試合から30才って書かれちゃうのか…笑

成長の過程
先日は久々のホームでの試合となりました。 やはりホームの雰囲気は格別でしたし、後半退場者を出し足が止まりそうな時間帯で皆さんの声援で背中を押してもらい最後までハードワークすることができました。 ここまでの連勝の全てが内容の伴ったものではないですが、なんとか勝ち切りながらもここ3試合は内容でも相手を上回る事が出来て、自分達がやろうとしている事の体現性が上がってきたように思います。 ベースの部分では本当にチームとして一体感を持ちながら毎試合コンスタントに発揮出来ていることが今のチームの強みですが、まだまだクオリティの部分での波はあるのでそういったところをトレーニングから一人一人こだわりを持ってベクトルを合わせて向上していく事で更にチームは成長していくと思います。 初めて前線の3人でゴール出来た^o^ 個人的には今現在のチームの完成度はまだまだ6〜7割くらいだと思っていて、残りの余白の部分は一人一人のクオリティが上がることで、出来る戦術が増え、戦術の選択肢も増え、戦いながら勝つ確率の高いものを選べるからです。 このことは選手一人一人が理解をしているので、今の現状に満足する事なく、向上心をもちながら本当に良い雰囲気で毎日のトレーニングを取り組めています。 もちろん長いシーズン良い時もあれば悪い時もありますが、今のこの状態が「調子が良い」と言う、一過性のもので終わらすのでなく「成長の過程」と捉える事が出来る様に成長していきます!!!

チャリティーフェスティバル

札幌ではようやくサクラが見どころになったりと、ちょっとずつ季節の移り変わりを感じる様になってきました。

そんな5月の入り方はチームとして非常に良く、金沢戦に勝利し久々の3連勝をもたらし、その結果首位になる事ができました。

シーズン当初から『一体感』を、テーマにチーム作りをしてきた積み重ねが、ポジティブな競争原理を働かせ、誰が出てもチームに貢献出来るチームになりつつあります。

もちろん、これで満足しているわけではなくまだまだ課題は沢山ありますが、ベースとしている部分の共通理解は僕がコンサに来てから一番浸透していると思いますし、このあいだ決勝ゴールを決めたジュリや他の助っ人達も自分達の役割を理解しチームの為に多くの汗を流してくれています。

そういった意味で本当に一体感を感じながら毎日仕事をする事が出来ていることに満足しています。

それと同時にクオリティやチームとしての成熟度はまだまだ沢山の成長の幅があるのでシーズンを進めるにつれてもっともっとたくさん良くなる事を確信しています。

今節はロアッソ熊本と試合が組まれていましたが震災の影響で延期になりました。

サッカー選手としては試合をする事が仕事なのでプレー出来ずに残念な気持ちもありましたが、プレー以外に今出来ることを熊本戦に変わって、チームとして『平成28年熊本地震チャリティーフェスティバル』を行いました。

1人の出来る事は限られていますが、沢山の人が集まれば大きな力になります。

そんな中で沢山の方がフェスティバルに足を運んでくれた事に感謝の気持ちでいっぱいです。

フェスティバルでは、オークションや募金活動を通じて沢山の支援を募る事ができました。

また、コンサドーレでは10年間熊本にある『火の国ハイツ』をキャンプで使わせてもらい、凄く熊本にはお世話になっているので、少しでお役に立てられる様に今後も継続的に活動をしていく予定ですので今後も宜しくお願いしますm(__)m

今日、改めて思った事は僕達はサッカーしか出来ないけど、そのサッカーを通じて本当に沢山の仲間に支えられているんだなと…

1人の人間が出来る事は限りがあるけど、沢山集まれば凄いパワーになる! そんな事を実感した素敵な1日でした。みんな本当に有難う!

熊本に思いがしっかりと届く様に、今日集められたチャリティーのお金は責任を持ってコンサドーレが届けます!!!

#prayforkumamoto #prayforkyushu

Ken Tokuraさん(@tokuraken)が投稿した写真 –


TOKU-Radi9
4月2日より毎週土曜日朝9時から『TOKU-Radi 9~We are CONSADOLE~』と言う、僕がラジオパーソナリティを務める番組がFM north wave 82.5で始まりました。 サッカー選手である以上、ピッチで評価され価値が生まれるのは間違いない事実です。 ただ、ピッチ以外にも自分自身の価値を高めることやコンサドーレを盛り上げるファクターは沢山あり、自分が出来る範囲で考えた時によりパーソナルな部分を直接伝えられるラジオをやってみたいと思い、色々なご縁が重なってさせてもらう事になりました。 土曜日の朝9時と言う素晴らしい時間帯にさせてもらう事が出来る嬉しさと、休日のスタートと言うリスナーさん達にとっては凄く貴重な時間帯と言う重圧に板挟みになりながらスタートしました…笑   なかなか上手くいかない事も多いですが、よりパーソナルな部分や、今までコンサドーレに興味のなかった層の方々にも楽しんでもらえるような内容にし、微力ながらコンサドーレを盛り上げる為に貢献していきたいと思っております。 今後は色々な形で北海道を盛り上げてくれる人をゲストに交えて対談形式のラジオもしていきたいなとも思っております! そんなラジオを共に盛り上げてくれる相棒のハイジ      全ては今年20周年を迎えるコンサドーレがJ1へ昇格する為に自分が今出来る事を全力でやってく!!!ただ、それだけの事!!! 土曜の朝9時からは『トクラジナイン』 https://radiko.jp/mobile/#NORTHWAVE

エスパルス戦の必然
先日は日本平でエスパルスに勝つことが出来ました。本当に苦しい試合でしたがチーム全員が準備してきたことに対して、信じて90分間全う出来た結果だと思います。  もちろん全てに満足いく結果ではありませんが、攻撃においても守備においても勝つ確率を上げるプレーの数は多かったと思います。  球際の強さ、切り替えの早さ、ハードワーク、こういった要素が勝つ確率を上げ、更にゴールへの執着心であったり、プレーそのもののクオリティも勝つ確率を上げます。  そういった中でセットプレー絡みからの2得点で、両方とも相手からしたらアンラッキーな部分はあったかもしれないけど、そこへ意思、反応、狙い、勢い、をもって入る事が出来たからオウンゴールが生まれ、こぼれ球にも反応が出来たと思います。  だからこそあえて「必然」って、言葉を使ったんだけど…逆に偶然だとまったく体現性がなく、一過性のものになってしまうと思う…。  もちろん、偶然ボールはこぼれてきたけど、こぼれ球に反応しなかったら絶対にゴールは出来ないわけで、こぼれ球に反応したからといって全てゴール出来るわけではないけど、こういった一つ一つのプレーを続けていく事で勝つ確率が上がり、上がり続ければ必然的な勝利がそこにはあると信じています。  チームとしてはようやく準備してきた事をコンスタントにピッチに出していけるようになりつつあるので、そこへ対するクオリティに、もっともっと沢山こだわりを持っていく事が更なるチーム力のアップにつながります。   そんなエスパルス戦の後にまさかの事態が… こんな意気揚々と写真を撮っていたのですが、三連休の東名高速を舐めていたために、なんと羽田まで5時間かかり最終便に乗れないと言うアクシデント…笑 急遽、蒲田のホテルへチェックインして翌朝は京急蒲田まで歩きそこから電車で空港へ…      そんなこんなで今週もいい準備をして勝つ確率を上げていくぞ!!!

ハットトリック!!!
今季初勝利!!! 先週のヴェルディとの開幕戦では約50日を費やしてきたキャンプの集大成として臨んだ結果、チームとして何も出来ないまま90分が終わってしまったショックは正直コンサドーレに来てからの敗戦の中でも相当なインパクトが残った… それだけにキャンプで自分達が感じていた手応えが酷く薄っぺらく感じでしまい、凄く不安を抱えて一週間を過ごす事になりました。 ただ自分達が準備してきた事が発揮できなかった事が敗戦の1番の要因で、それを体現出来ればある程度どんな相手にも戦える感触もキャンプで得ていたので、まずは準備してきた事を体現するために何をしなければならないのかを一週間かけてチームとして練習し刷込み共通理解を持って岐阜戦に臨んだ。 その結果として4対0で勝つ事が出来ました。      得点差ほど内容の差はなかったけど、良いタイミングで点が取れて、押し込まれた時間帯でもチームで守って安定感を持って試合運び出来た事が追加点に繋がったと思う。 キャンプから準備してきたことで、やはりこの試合で改めて重要性を感じた『コンパクトさ』 守備では組織的に穴を開けずに、攻撃では良い距離感で複数が攻撃に絡んでいける。そんなベースの部分をしっかり表現する事が出来た。前半の試合運びはパーフェクトだと思う。 後半は相手も死に物狂いできたのでそれを受けてしまい押し込まれる展開になった。そんな中でカウンターでいくのか、少し遅攻にするのかの判断バランスが悪くなって大味な展開になってしまったのが課題…チームとして試合展開のベクトルを合わせていきたい。 ただ、先週の失敗を活かし結果で示せた事が全て!!! みんなも不安を抱えながらこの一週間チームを信じて練習をして、そんな中でピッチで表現できたチームメイトの事を本当に誇りに思う。 この成功体験を次の成功体験に活かしていけるようにまたしっかりと準備していきます。    個人としてはキャリア初のハットトリック!!! よく試合前日にハットトリックする夢は見ていて、起きたら「夢かぁ…」って、落胆する事はよくあったんだけど…笑 今朝起きても傍には記念のサインボールあるし、ラインは昨日から通知が鳴り止まないし、新聞には出てるみたいだし、どうやら今回は夢ではないみたいなので、本当に嬉しいです^o^    このゴールに満足することなく、チームの勝利に貢献出来るゴールをこれからも取り続けていきますね!!! 沢山の応援いつも本当に有難うございます。 次節は待ちに待ったホーム開幕戦ですね。最高の結果を出せるように良い準備をしていきますね^o^ 最後アシストアワードがあったら間違いなく彼のもの…   進藤くん!!! なんか有難う!そのアシストからのゴールがベストゴールにノミネートされました! http://youtu.be/6lp5BqyP3fc

決起集会
あと1週間で2016シーズン開幕ですね。 長かったと言えば長かったし、あっという間と言えばあっという間だった、沖縄&熊本キャンプ。 熊本では世界的にも大きいカルデラを眺めながら、そこに広がる草原風景の雄大さに癒されています。 先日は開幕間近ということで決起集会をしました。    今年のテーマは『一体感』という事もあり僕が在籍した中でもっとも一体感を感じるチームとなっています。 もちろんチームは生き物なのでシーズン中いい時もあれば悪い時もあると思いますが、そんな中でも良い方向に導けるような言動を1人1人が心がけていけるようにしていきたいと思ってます。 あ〜〜開幕楽しみだな^o^ そんな開幕前の最後のオフは男旅!!!      南阿蘇に癒されました〜〜!!!

地味で退屈な作業…
長かった沖縄キャンプもひと段落… 束の間の2連休は昨年同様に妻が沖縄に来てくれました。このままだと沖縄はただ過酷なキャンプをするために来るところと体と脳が覚えてしまい、嫌いになりそうなのでキャンプとは違った楽しい沖縄を感じてきたいと思います。 とりあえずは去年と同じ流れで    沖縄のポテンシャルを最大限に引き出しているカフェ『浜辺の茶屋』へきて、癒されつつキャンプを振り返ったり思い出話しをしたりなど… 今回の沖縄キャンプでのテーマは個人としてはシーズン通して戦える体のベース作りを掲げて、地味で細かく退屈な補強や、意識的に意識してトレーニングを行う事を心がけました。 『彼を知り己を知れば百戦殆うからず』 孫子相変わらずいい事言うなぁ〜〜笑 でもまずは相手を知る前この時期はとことん自分を知るって事で、自分を知る為に『FMS』って動作の機能性テストをキャンプが始まる前のオフを利用して測っておきました。因みにファンクション・ムーブメント・スクリーンの略です。 なんでこんな事をしたかというと、これをする事で自分の動作が正しく行われているのか、どんな動作が苦手なのか、など自分の動作、機能性の確認や弱点が分かるんです。そこで炙り出された自分の動作の弱点を克服することで結果的に動作が安定して怪我予防につながるって論理なんです。(ざっくりした説明はティップネスのサイトより) 体の癖を知ること、その結果どうなるであるかを想定し、問題なければそのままでもよし、問題があるならそれを改善するための方法を考え実行する。 僕の場合で具体的な例を一つ挙げると、胸椎可動域の左右差があり、その影響もあって慢性的な右肩甲骨周りの硬さが生まれ、その影響によって骨盤の可動域が…   と言うように、一つの機能の低下が他の部位へ影響を及ぼして怪我につながる可能性があると言った考え方で、予防医療的な考えなので効果が出ているかを示す指標は怪我をしないって言う状況が続いている事ががベースなので、もしかしたら何もしなくても怪我をしない可能性があるかもしれないので、凄くわかりにくく、効果が目に見えてあるわけではないので、最終的には自分の感覚が凄く大切になってくる事は間違いないのですが、問題を把握しているのであればやってみる事に越した事はないので、キャンプを通じて、そしてシーズンを、通してトライし続けようと思っています。 イメージは、粘土細工で人形を作る時にまずは割り箸とかで骨組みを作りますよね… そこがここでいう動作機能なんですよね。ここで既に割り箸の骨組みを適当に作ったら、その後いくら粘土で割り箸を覆ってもバランスが悪い人形が出来上がりますよね… 人間も同じだと思ってて、ベースが整っていないのに筋肉でいくら補強しても、バランスが悪いと結局ストレスかかるところは同じ場所で、そこから綻びが生まれてしまうんですよね…。 そういった中で、怪我なく沖縄キャンプを過ごせた事、そして日毎にコンディションが上がっていると言う事実は自分の中でも見逃せない要素の一つです! この考えが全てではないですが、ベースとしてもっておくには凄くいいと思います。また、今後もし怪我をしてしまった時も、立ち返る場所がある事は早期復帰にもつながる事だと思います。 これらに加えて、体ではなく思考の部分も同じ様に捉えて、しっかりと自分が成長出来るような仕組みになる様な根幹を構築できる様に意識的に意識していきたいと思います!!! 結局は地味で退屈な作業が結果的に自分のベースを作るんですね…(^^;; とりあえずは、この2連休を楽しみます^ – ^ あぁ〜キャンプ長かった…笑   

Newer Posts
Older Posts